大津市で、オペ室(手術室)の看護師求人を探している方へ

近畿地方にある滋賀県は、近所に京都を持つ事から観光や仕事の面でも、どうしても京都の方に人が流れていく傾向にあります。この傾向は遥か昔から続いており、近年では湖南を中心として京都で働く人々のベッドタウン化してきており、県の中心である大津市との経済の差がかなり激しくなってきている地域でもあります。また、大津市における年齢は20〜40代が抜け落ちてしまい、徐々に高齢化が進んでおり、農業が行われる山村の地区では深刻な過疎化が進んできています。

 

滋賀県の中心的な医療は、500病床以上のベッドを持つ大学病院に集中しており、その他にも中程度の病院があるのですが、オペ室や手術室の設備は主にこの2つの病院がメインになっています。ですので、これから大津市でオペ室や手術室で働く看護師を目指している場合にはこれらの病院に申請する事になります。

 

しかし、病院の数が少ない事から人気のあるこれらの大型の病院では、他の病院よりもかなり倍率が高くなっているので、なかなか希望通りに就職する事が難しいと言えます。そして、経験を必要とする職の場合には、一つの職場にかなり長い期間残る人が多いので、なかなか有名病院の求人を見つける事は難しいです。

 

ですので、ベストな方法としては、あまり倍率の高くない一般の病院で働く一方で、看護師求人・転職支援サイトに自分の希望する給料や職の内容を登録しておく事です。それによって、非公開の求人が出された場合や、その職場で働く看護師が辞めたなどのタイミングを逃す事がないので、倍率が高い求人には適しています。